So-net無料ブログ作成

福島第1原発の事故について思うこと。 [日々のできごと]

3月11日以来、いろいろと考えて。
結論めいたことにはほど遠いながら、なんか少し気付いてきたことがあり。

当初、私は、東電や福島第1原発関係者は「被害者」だととらえていました。
その後にいろいろな情報やデータが出てきて「どうなんだろう?」と疑問をもち。

バッシングみたいな状態になっていて、一時期は自分もそう思ったりも。
でも私もその電気の利用者だったわけで。

原子力発電所が危険だということは、今回のことでそのとおりだと思いうのですが
一足飛びに不要だというところまでは行ききれず。

それにしても、テレビに出てきた東電関係者のお偉い皆さんは、
「「悪いようにしないから」と言われ、いいように扱われた。」典型のように
徳も毒もないように人のように(私には)感じられて・・・

そして、数十年と私たちの生活を支えてくれた発電所は、
凶悪なモンスターのように扱われていて。

「他人まかせや無関心は、物事を良い方向に持っていくことはない。」

そう思って、利用者だけの立場以外になにか関係性がもてないかと考えて、
先週、東電の株を買いました。
(ちょっとだけど・・・)

紙くずになってもいいとおもって買ったら、とたんに値上がりして
ちょっとビックリしたり。

ただ、「値上がった分を義援金に」なんてどこかの謹慎していた芸能人の
復帰の言い訳みたいなことは絶対にいいたくないし、売るつもりもないし。
(いまの私は、お金を出すしかやれないから出来ることはもうやってるし)

決意して見ていくから。

なぁ、ムース。

20110116_011.jpg

nice!(1)  コメント(2) 

nice! 1

コメント 2

alphabet

私もそう思います。
想定外の津波が襲ったにも関わらず、メルトダウンまでいかず死者を出さずに済んでいるのは不幸中の幸いですし、関係者の必死の努力でもあると思います。
何かが起こって批判するのは容易い。
その甘い蜜を吸っていたのは、当たり前のように生活してきた我々でもあると思います。これから幸せの度合いというものを見直せる勇気を持てるかどうかでは無いでしょうか。
by alphabet (2011-04-16 04:52) 

aloalo

alphabet様

「幸せの度合いの見直し」は、必然になるでしょうね。
マーケティングや広告データなど、3.11以前のものは
役に立たなくなるように思いますし。

議論も必要ですね。
そうそう、T部長、携帯変えたみたいですよ。

by aloalo (2011-04-16 09:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。